シュリデンキロゴシュリデンキまでの道のりシュリデンキの安心サポート会社案内お問い合わせフォームスタッフ
警告灯について
警告灯の種類
エンジンをかけると点灯し、すぐに消える警告灯ですが車の内部に故障がある場合、点灯し続けます。その場合は速やかにお車をお持ちください。
項 目 内 容
バッテリー関連

充電警告灯

バッテリー、もしくはベルトの伸び、損傷など充電系統の異常がある場合に点灯します。 バッテリー交換へ>>> ベルト交換へ>>>
エンジン関連

エンジン警告灯

電子制御システムに問題がある場合に点灯します。この場合、コンピューター診断にて原因を突き止めます。 コンピューター診断へ>>>
オイル関連

油圧警告灯

エンジン内部を潤滑しているオイルの圧力の異常がある場合に点灯します。(オイル量を表すものではありません) オイル交換へ>>>
バッテリー関連

水温表示灯

エンジン冷却水温が低いときに点灯します。これが点灯している間は急激な空ぶかし、急加速、高速走行はしないでください。また、暖機を十分しても点灯したままの場合は水温センサーの異常が考えられます。
バッテリー関連

水温警告灯

エンジンをかけた瞬間、エンジンの冷却水温が急に上昇するため数秒点灯しますが、すぐに消えます。しばらくたっても点滅、点灯している場合は冷却水温の異常な上昇(オーバーヒート)が考えられます。この場合はエアコンをOFFにして車を安全なところに止め、様子を見てください。エンジンをかけたまましばらく停止していても消えなければ車を動かさずにご連絡ください。 エアコン修理へ>>>
バッテリー関連

水温計

水温表示灯、水温警告灯はこういったタイプの場合もあります。指針がH側に近づいてきたらオーバーヒートになる危険性があります。
トップページへアクセスシュリデンキの安心サポート会社案内個人情報保護についてお問い合わせフォームサイトマップ
有限会社 シュリデンキ 〒901-1105 沖縄県島尻郡南風原町新川565-1 TEL:098-888-4172 FAX:098-888-4175
Copyright (C)shuridenki 2010 ALL RIGHTS RESERVED. 本サイトに掲載しているあらゆる情報の転載を禁じます。